kawa*iku*nai

ジェニー、リカちゃんなどの人形と・・・

バラとブライス

Posted on

 ∩ ∩
(б_б)  LF大宮の戦利品の紹介の続きです。

今回は、pichirikachan様から購入したフレアスカートセットです。
いくつかの色の中からグリーンを選びました。


kira_2012_0630_1.jpg

シンプルな子がいいなーと思ったので、ボブのきらちゃん(No.03493)がモデルです。
今回、思い切って、前髪をカットしました。
たったの3mmですが、かなりドキドキしました。


kira_2012_0630_2.jpg

半袖のブラウスは、パフスリーブで、お嬢様的。
立ち襟のレースと、前身頃のレースの使い方は、ドール服らしいアイデアで面白いです。


<長くなるのでたたみます>


kira_2012_0630_3.jpg

スカートは、後ろ側のスナップ止め。
淡いグリーン地で、ピンクのバラの絵柄がちりばめられています。
レースソックスもセットに含まれていたものです。

pichirikachan様は、ブライスの服も作っていらっしゃっていて、あのでっかい頭に合わせたヘッドドレスがとても可愛いのです。
うちにはブライスがいないので、代わりに以前のリトファでもらった小さなフィギュアで短いお話を作りました。


<はじまり、はじまり>

kira_2012_0630_4.jpg

きらちゃんは、女の子の不思議な声を聞きました。
「私を探して!」
お屋敷の中を探すと、地下室で鳥かごに入った人形を見つけました。
「あなたは誰なの?」
「私はブライス。あなたは、きっとバラの精ね。」
きらちゃんは、自分はバラの精ではないと思いましたが、黙っていました。


kira_2012_0630_5.jpg

「誰にも見つからないように私を屋上に連れて行って!」
きらちゃんは、ブライスが入った鳥かごを持って、辺りをうかがいながら、屋上へ向かいました。


kira_2012_0630_6.jpg

「鳥かごを置いたら、離れていてください。私を助けてくれて、ありがとう」
きらちゃんが言われたとおりにすると、赤い光がブライスの体を包みました。


kira_2012_0630_7.jpg

鳥かごの扉が開いて、赤い光の中から白い蝶が現れました。
ブライスは、蝶の精だったのです。
蝶になったブライスは、もう話しかけてきませんでした。
2回だけ大きくゆっくり羽ばたいてから、ぱっと飛び上がり、北に向かって飛んでいきました。
「さようなら、ブライス
きらちゃんは、蝶が飛んでいった夜空をずっと見ていました。

<おしまい>


kira_2012_0630_8.jpg

きらちゃん、お疲れ様です。
写真撮影後に考えた急ごしらえのストーリーでした~。


LF_OHMIYA_2012_0610_b.jpg

LF大宮のpichirikachan様のブースの一部です。
うまく写せなくて、ごめんなさい。
右側は、今回紹介したドレスと色違いのピンクです。

今までpichirikachan様は、ブログ「My sweei voice & Happy life」の中でドール記事を書いていらっしゃいましたが、ごく最近、ドール服のHome Page「pichirikachan - ばら色の服」を開設なさいました。
おめでとうございます。


kira_2012_0630_9.jpg

ブライスと言えば、横浜人形の家で開催されたブライス展にヨメと一緒に行き、たくさんのブライスを見てきました。
これは、そのとき貰ったチラシです。(最近はフライヤと呼ぶみたい)
展示会は1ヶ月前に終了し、紹介記事も書けずじまいになってしまった~。
(ケータイで撮った写真が、紹介できるレベルではなかったことも一因です)


いつも訪問と拍手をありがとうございます。

◇6/26 15時台の拍手コメントのt様
ドレス、サンダル、麦わら帽子のコーディネートを褒めていただき、ありがとうございます。
t様のような華麗なスタイリングには程遠いのですが、これからも頑張ります。

◇6/26 21時台の拍手コメントのy様
自作サンダルを褒めていただき、ありがとうございます。
実は、ジェニーたちの足よりサイズが小さくなってしまったので、アップの写真は撮っていないのです。
リトファは、ディーラー様の商品も楽しみのひとつですね。

◇6/26 21時台の拍手コメントのh様
たまきの写真を褒めていただき、ありがとうございます。
リトファの後も、ドール関係で色々とお忙しそうで、うらやましいです。

◇6/27 10時台の拍手コメントのy様
素晴らしいドレスを作っていただき、ありがとうございます。
ディーラー様のドレスの説明は、間違えたら、恥ずかしいし、失礼だしで、冷や汗ものです。
よろしかったら、また、見に来てください。
関連記事